芸能・文化

きん枝さん四代目「小文枝」襲名 大阪で披露公演、27年ぶり復活

 四代目桂小文枝さんの襲名披露公演。左は六代目桂文枝さん=12日夜、大阪市

 上方落語家の桂きん枝さん(68)が12日、大阪市中央区の劇場「なんばグランド花月」で四代目桂小文枝の襲名披露公演を開いた。小文枝は、きん枝改め四代目小文枝さんの師匠、五代目桂文枝さん(2005年死去)の前名で、復活は約27年ぶりとなる。

 襲名披露公演には、兄弟子の六代目桂文枝さんや上方落語協会会長の笑福亭仁智さん、桂ざこばさん、三遊亭円楽さんら東西の落語家がお祝いに駆け付けた。

 口上で、文枝さんは小文枝が師匠の名であることから「(敬称を省略して)小文枝とは呼べない」と冗談めかしつつ「一生懸命支えていきたい」とエールを送った。


(共同通信)