スポーツ

Jリーグ、名古屋が大分下し首位 ルヴァン杯、仙台2連勝

 名古屋―大分 前半、2点目のゴールを決め、駆けだす名古屋・長谷川=パロマ瑞穂

 Jリーグ・YBCルヴァン・カップ1次リーグ第2節(13日・パロマ瑞穂スタジアムほか=8試合)C組の名古屋は大分を2―1で下し、勝ち点4で首位に立った。神戸―C大阪は引き分け。B組は仙台がFC東京に競り勝って2連勝。鳥栖は柏を退け、初勝利を挙げた。

 A組の湘南は横浜Mに2―0で快勝して初白星。札幌は長崎と引き分けた。D組はG大阪が松本、清水が磐田にそれぞれ勝ち、4チームが勝ち点3で並んだ。


(共同通信)