政治

首相、党総裁4選論の沈静図る 「自民党則に従う」、参院予算委

 参院予算委で日本維新の会の片山虎之助氏(手前右端)の質問に答える安倍首相=14日午前

 安倍晋三首相は14日の参院予算委員会で、自民党内で浮上している自身の党総裁連続4選論について「党則で禁じられている。ルールに従うのは当然だ」と述べた。党内では二階俊博幹事長らから4選容認論が上がっている。一方、安倍首相に長期間、権力が集中することに警戒する声も出ており、当面の沈静化を図った形だ。

 首相は「私にとって最後の任期であり、全力で結果を出すことに集中する」とも述べた。日本維新の会の片山虎之助氏が「歴代首相の在任記録を次々と塗り替えている。(4選論に)賛成と反対が出るのは当たり前だ。民意が最終的な決め手になる」と指摘したのに答えた。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス