経済

金曜日にはTシャツ勤務 サントリー食品本社で

 サントリー食品インターナショナルは14日、東京都中央区の本社内で勤務する従業員を対象に、毎週金曜日にカジュアルなTシャツ姿で働く取り組みを15日から始めると発表した。気軽な服装を導入することで、従業員同士の議論を活発化させ、柔軟で新しい発想を生み出すことが狙い。

 サントリー食品によると同社では初めての試み。Tシャツを着るかどうかや色は自由に決められるが、一緒に働く相手が不快にならない服装を推奨している。

 ペットボトル入りコーヒーの「クラフトボス」シリーズから新しく紅茶を発売するのに合わせ、英語の「ティー」に掛けて提案した。


(共同通信)