社会

週末、大気不安定に警戒 東、西日本に寒気流入

 気象庁は15日、西日本と東日本にかけて、今週末の16、17日、上空に寒気が入る影響で大気の状態が不安定になるとして、警戒を呼び掛けた。落雷や突風、急な強い雨に見舞われる恐れがある。真っ黒な雲が見えたり、急に冷たい風が吹いたりした場合は、発達した積乱雲が近づいている可能性があり、建物内など安全な場所に逃げるよう求めている。

 気象庁によると、15日から16日にかけては、西日本と東日本の上空約5500メートルに氷点下30度以下の寒気が流れ込む。この寒気は16日夜には日本の東に抜けるが、17日には再び寒気が入る。


(共同通信)