スポーツ

IOC、竹田会長の早期退任促す 五輪招致疑惑の影響を懸念

 JOCの竹田恒和会長

 2020年東京五輪招致を巡る贈収賄疑惑でフランス司法当局の捜査対象の日本オリンピック委員会(JOC)の竹田恒和会長(71)に、国際オリンピック委員会(IOC)が水面下で早期の退任を促す動きをしていることが15日、分かった。IOC委員退任も検討する必要があるとの見解も示しているという。複数の関係者が明らかにした。

 東京大会や五輪ブランドへの影響を懸念し、早急に幕引きを図る思惑があるとみられる。竹田氏は一貫して潔白を主張している。IOCは同氏に「推定無罪の原則を尊重しつつ、状況を注視していく」との立場を取る一方、関係者によると起訴の可能性が高いとみている。


(共同通信)