経済

富士フ、AIで大量の写真管理 趣味や好みも推測

 富士フイルムは人工知能(AI)を活用し、インターネット上で大量の写真を管理する有料サービス「フォトバンク」を5月に始める。「撮りためた写真を整理したい」という顧客の声が多いことに対応。AIが写真から推測し、利用者の趣味や好みに合ったサービスを提案する「市場」などの機能も順次追加する。

 スマートフォンやデジタルカメラで撮影した画像に加え、アナログ写真もデジタルデータに変換し、ネットを通じて情報を処理するクラウドで預かる。AIが被写体や風景を解析した上で、「誕生日」「祭り」といったキーワードごとに自動でタグ付けする。利用者はタグを使って写真を検索できる。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス