スポーツ

シフリン、回転で40勝目 アルペンスキーW杯

 回転で40勝目を挙げたミカエラ・シフリン(米国)=16日、アンドラ・ソルデュ(ロイター=共同)

 アルペンスキーのワールドカップ(W杯)は16日、アンドラのソルデュで女子回転の最終戦が行われ、既に総合3連覇とスーパー大回転、回転の種目別優勝を決めているミカエラ・シフリン(米国)が合計1分48秒15で今季16勝目、通算59勝目を挙げた。回転だけでは節目の40勝目で、AP通信によると、男子のインゲマル・ステンマルク(スウェーデン)と並び最多。

 男子大回転の最終戦ではアレクシ・パンテュロー(フランス)が合計2分13秒06で今季2勝目、通算23勝目を挙げた。W杯通算67勝で総合8連覇を決めているマルセル・ヒルシャー(オーストリア)は6位だった。(共同)


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス