政治

国民・玉木氏、合流構想に支持を 地方組織には慎重意見も

 国民民主党の全国幹事会であいさつする玉木代表=17日午前、東京・永田町の党本部

 国民民主党の玉木雄一郎代表は17日、地方組織の幹部らを集めた全国幹事会を党本部で開き、自由党との合流構想への支持を訴えた。「もう一度国民に選んでもらえる政治集団の結集を図りたい」と述べた。玉木氏ら執行部は、国民の基本政策を踏襲することで自由と合意したと説明した。自由の小沢一郎共同代表のお膝元である岩手県連が「合流は時期尚早」と慎重な対応を求めた。

 玉木氏は幹事会で「野党が選択肢を示しきれないことが政権の横暴を許している一番の要因だ」と指摘。自由との合流によって立憲民主党などとの関係が悪化しないよう配慮する考えも示した。


(共同通信)