国際

日米、新型レーダー共同開発へ 中ロの新兵器開発に対抗

 2017年5月、日本の南方沖を航行する米海軍のイージス巡洋艦シャイロー(米海軍提供)

 【ワシントン共同】日米両政府がミサイル防衛網の強化に向け、米海軍イージス艦に搭載する新型レーダーを共同開発する方向で最終調整に入った。中国やロシアが開発を進める「極超音速ミサイル」など新型兵器への対抗を視野に探知能力を高め、米国のミサイル防衛網の中核を担うイージス艦の防護強化を図る。北朝鮮の核・ミサイルの脅威に直面する日本側は共同開発を通じ日米同盟の強化にも役立てたい考え。日米外交筋が17日明らかにした。

 日米の安全保障分野でのさらなる一体化により、大国間の軍拡競争の一端を日本が担うことを懸念する声も出そうだ。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス