国際

仏シャンゼリゼでデモ禁止 警視総監を更迭

 パリのシャンゼリゼ大通りで、バリケードを燃やすデモ参加者ら(ゲッティ=共同)

 【パリ共同】フランスのフィリップ首相は18日、マクロン政権に抗議する黄色いベスト運動の16日のデモに伴い、パリのシャンゼリゼ通りで略奪や放火による異例の被害が出たことを受け、新たな対策を発表、過激派の参加が確認された場合、シャンゼリゼ通りなどでのデモを禁止すると表明した。

 また同運動のデモへの治安方針が正しく実行されていなかったとして、パリ警視庁のデルプエシュ警視総監を更迭し、南西部ヌーベル・アキテーヌ地域圏のディディエ・ラルマン知事が後任となると明らかにした。

 フィリップ氏は記者会見で治安対策に「機能不全」があったと認めた。


(共同通信)