国際

NYなど在米3外交施設を支配 ベネズエラ反政権派

 【ワシントン共同】米国務省は18日、南米ベネズエラで暫定大統領就任を宣言した野党連合出身のグアイド国会議長の支持者らが、ニューヨークにある領事館などベネズエラの三つの在米外交施設を支配下に置いたと明らかにした。グアイド氏を支持するトランプ米政権と連携し、マドゥロ政権の打倒を目指すとみられる。

 国務省によると、野党側が押さえたのは、ニューヨークの領事館のほか、首都ワシントンでベネズエラの駐在武官が使用する施設2カ所の計3カ所。支配に至る詳細は不明。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス