国際

タイ・ミャンマー国境の橋開通 東南アジアの大動脈と期待

 【バンコク共同】東南アジア大陸部の大動脈として期待される、ベトナム、ラオス、タイ、ミャンマーを結ぶ「東西回廊」の要衝に架けられた「タイ・ミャンマー第2友好橋」の開通式が19日、行われた。

 橋はタイ北西部メソトとミャンマー東部ミャワディの間の国境の川に架けられた。今後は国際物流が加速しそうだ。

 式典に出席したタイのプラユット首相は、橋の開通が「人々や物が国境を越えるのを促進し、公共の利益につながるだろう」と発言。ミャンマーのアウン・サン・スー・チー国家顧問兼外相も「両国の結束と協力関係を象徴するもので、さらなる関係強化をもたらすだろう」と話した。


(共同通信)