政治

立民、国民有志で共通政策づくり 旧民進勢力が議連設立

 議員連盟の勉強会であいさつする玄葉元外相=19日午後、国会

 立憲民主、国民民主両党や衆院会派「社会保障を立て直す国民会議」などの有志議員は19日、「国家デザインを考える議員連盟」を発足させ、国会内で初の勉強会を開いた。外交や内政に関する共通政策づくりを進める。夏の参院選に合わせた衆参同日選の可能性も見据え、旧民進党勢力の再結集の機運を高めたい考えだ。

 議連会長に就いた衆院会派社保幹事長の玄葉光一郎元外相は「党派を超えて目指すべき社会像や国家デザインを考えて、来るべき時に備えることが必要だ」と訴えた。

 会合には、衆院会派社保代表の野田佳彦前首相や立民会派の岡田克也元副総理、国民の前原誠司元外相ら四十数人が出席した。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス