芸能・文化

ピエール瀧容疑者の映画を公開へ 東映、出演シーンを編集せず

 記者会見する東映の多田憲之社長(左)と白石和弥監督=20日午前、東京都中央区の東映本社

 東映は20日、東京都内の本社で記者会見を開き、麻薬取締法違反容疑で逮捕されたミュージシャンで俳優のピエール瀧容疑者(51)が出演した映画「麻雀放浪記2020」を、予定通り4月5日に公開すると発表した。

 作品のポスターと上映前の字幕で瀧容疑者が出演していることを明示するが、出演シーンは編集せず、当初の内容のまま公開する。

 瀧容疑者を巡っては、出演番組の放送やCDの出荷を自粛する動きが広がっているが、多田憲之社長は「罪を犯した一人の出演者のために、作品を待ちわびているお客さまに、完成した作品を公開しないという選択肢は取らないという結論に至った」と説明した。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス