スポーツ

大リーグ、トーリ氏が日本で会見 日本選手の活躍を評価

 日本外国特派員協会で記者会見するジョー・トーリ氏=20日、東京・丸の内

 米大リーグ、ヤンキースの元監督で大リーグ機構の競技運営最高責任者を務めるジョー・トーリ氏(78)が20日、東京都内の日本外国特派員協会で記者会見し「イチロー(マリナーズ)や松井秀喜(元ヤンキース)が大きなインパクトを残した。大谷翔平(エンゼルス)のような素晴らしい若い選手も続いた。グローバル化が進んでいる」と日本選手のメジャーでの活躍を評価した。

 大リーグは昨季に史上初めて三振数が安打数を上回った。この傾向について「懸念している。野球の醍醐味は多くのインプレーがあること。打者が塁に出て、走る。これが私にとって面白いことだ」と持論を述べた。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス