国際

トルコで地震、22人負傷 南西部、M5・7

 トルコ南西部で起きた地震で損壊したモスク(イスラム教礼拝所)=20日(アナトリア通信提供・共同)

 【イスタンブール共同】米地質調査所(USGS)によると、トルコ南西部デニズリ県付近で20日午前9時34分(日本時間午後3時34分)ごろ、マグニチュード(M)5・7の地震があった。アナトリア通信はトルコのクルム環境・都市計画相の話として、22人が負傷したと伝えた。

 クルム氏によると建物7棟が全壊し、139棟が大きく損壊。一部損壊は132棟だった。

 USGSによると、震源はデニズリ県アジュパヤムの東18キロ、震源の深さは10キロ。トルコは地震が多いことで知られる。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス