国際

南米で右派主導の地域連合構想 左派系既存組織に代わり

 南米エクアドルの首都キトにある南米諸国連合(UNASUR)の本部=2017年4月(共同)

 【サンパウロ共同】ベネズエラの反米左翼マドゥロ政権に批判的な南米チリとコロンビアの中道右派政権が主導する、新たな地域連合「PROSUR」の創設構想が持ち上がっている。左派系政権を中心に政治・経済面での統合を目指して2008年に創設された、南米諸国連合(UNASUR)が機能不全に陥っているというのが理由。ただし政治思想に縛られると、結局は同じ運命をたどるとの見方も強い。

 PROSURは22日にチリの首都サンティアゴで初会合を開く。1月に右翼ボルソナロ大統領が就任したブラジルも参加予定で、ベネズエラからは暫定大統領就任を宣言した国会議長代理が出席する見通し。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス