芸能・文化

NGTメンバーの暴行関与認めず 第三者委、私的交流は問題視

 新潟を拠点にするアイドルグループ「NGT48」メンバーの山口真帆さん(23)が暴行被害に遭った事件で、グループの運営会社AKS(東京)は21日、弁護士3人による第三者委員会の調査報告書を公式サイトに掲載した。他のメンバーの加害行為への関与は認められないと結論付けた。

 AKSは加害者側に民事上の法的措置を検討している。22日午後、新潟市内で記者会見する。

 報告書は、事件はファンである加害者らの行き過ぎた行為と指摘。握手会などのイベントを機に、一部のメンバーとファンが私的に交流していた事実を問題視した。


(共同通信)