国際

米「瀬取り」対策で実名公表 北朝鮮への制裁維持で中ロけん制

 【ワシントン共同】米政府は21日、北朝鮮が国連安全保障理事会決議による制裁を逃れるため海上で船の積み荷を移し替える「瀬取り」に使われたとみられる中国やロシアなどの港湾や船舶を公表し、対策を取るよう各国に呼び掛けた。2月末の米朝首脳再会談が物別れに終わったことを受け、北朝鮮に対する制裁を緩めないよう中ロなどをけん制した形だ。

 不正行為に関わった船舶や港湾の実名を挙げ、恥をかかせることで防止を図る「ネーム・アンド・シェイム」と呼ばれる手法の一環とみられる。


(共同通信)