スポーツ

松坂「全てが特別な時間」 イチロー外野手と名勝負

 中日の松坂大輔投手

 米大リーグ、マリナーズのイチロー外野手の現役引退表明を受け、中日の松坂大輔投手が22日、球団を通じて談話を出し「プロ入り前からその姿を追い掛け、イチローさんがいたから今の僕がある。できることならば、もう一度イチローさんに投げたかった」と惜しんだ。

 西武に入団1年目だった1999年5月のオリックス戦で初対戦して3打席連続三振を奪い、試合後に「自信から確信に変わった」と名言を吐いた。2人の対決は「平成の名勝負」と称され、ともにメジャーに舞台を移しても続いた。ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)でも一緒に日本代表の2連覇に貢献した。


(共同通信)