スポーツ

陸上、桐生が今季初戦10秒08 200メートルは自己記録

 男子100メートルの2レース目、10秒08の桐生祥秀=ブリスベン(共同)

 【ブリスベン(オーストラリア)共同】陸上の競技会が23日、オーストラリアのブリスベンで行われ、男子100メートルで日本記録保持者の桐生祥秀は追い風2・0メートルだった2レース目で10秒08をマークして1位となった。200メートルも自己ベストの20秒39で1位。今季初戦で、両種目とも世界選手権(9~10月・ドーハ)の参加標準記録を突破した。

 100メートルで川上拓也は10秒24で4位、ケンブリッジ飛鳥は10秒35で8位だった。桐生の1レース目は10秒22。

 男子400メートルのウォルシュ・ジュリアンは46秒28で1位。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス