政治

大阪市長選に2氏届け出 知事とダブル、都構想争点

 松井一郎氏、柳本顕氏

 大阪府知事選に続いて大阪市長選が24日告示され、自民党が推薦する無所属新人の元市議柳本顕氏(45)と、政治団体・大阪維新の会新人の前知事松井一郎氏(55)の2人が届け出た。市を廃止し特別区に再編する「大阪都構想」の是非が最大の争点となる。

 知事選や29日告示の市議選、府議選と同じ4月7日に投開票される。

 代表として大阪維新を率いる松井氏は、都構想への再挑戦で大阪維新の前市長とともに辞職、ダブル選を仕掛けた。住民投票で反対運動をけん引した柳本氏は「都構想議論を完全に終わらせる」と主張。知事選に出馬した自民党推薦で無所属新人の元副知事と連携する。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • ご案内