政治

大阪、ダブル選に突入 相模原自民分裂、政令市長選告示

 大阪市役所(手前)

 第19回統一地方選の6政令市長選が24日、告示された。札幌、相模原、静岡、浜松、大阪、広島各市が対象で、立候補は現職5人、新人12人の計17人となった。女性はいない。大阪では21日に告示された府知事選と合わせ、大阪都構想の是非を問う「ダブル選」に突入した。相模原は、自民党支持層が3分裂する中、元野党系衆院議員も加わり混戦だ。ただ6市とも与野党全面対決の構図にはなっていない。

 11道府県知事選、41道府県議選、17政令市議選とともに4月7日に投開票される。人口が比較的多い政令市では、街づくりや防災、福祉などで論戦が繰り広げられる見通しだ。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • ご案内