芸能・文化

囲碁、一力八段がNHK杯初優勝 決勝で井山五冠破る

 一力遼八段

 囲碁の第66回NHK杯トーナメントの決勝は24日に放送され、一力遼八段(21)が井山裕太五冠(29)を破り、初優勝した。

 一力八段はこれまで第62回、第64回と決勝で敗れていた。今回は準々決勝で余正麒八段(23)、準決勝で許家元碁聖(21)と同世代の強豪を連破し、決勝では第一人者の井山五冠を破った。

 一力八段は「準優勝が続いていたので、今年はなんとしてもという気持ちが強かった。結果を残すことができてほっとしている」と話した。

 一力八段は仙台市出身で、2010年にプロ入り。昨年、竜星戦、阿含・桐山杯で優勝し、棋聖と王座に挑戦した。


(共同通信)