経済

脱プラスチックごみの動き続々 ストローは自然界分解

 京浜急行電鉄の直営飲食店などで提供される自然界で分解されるストロー

 プラスチックごみによる環境汚染が問題となる中、メーカーなどが環境への影響が少ない製品の採用を飲食店などに働き掛ける動きが広がっている。これまでコストが高いことなどが普及の壁になっていたが、環境意識の高まりを追い風に、メーカー、飲食店とも取り組みを強化している。

 三菱ケミカル(東京)は25日、微生物の働きによって自然界で分解される植物由来の「生分解性プラスチック」を使ったストローが京浜急行電鉄で採用が決まったと発表した。京急は4月1日からグループ直営のレストランや百貨店、ホテルなど68施設で年間約16万本を生分解性プラスチック製のストローに切り替える。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • ご案内