国際

米政権、ロシア疑惑で反転攻勢 「国家への反逆」と辞任要求

 ホワイトハウスでのトランプ大統領=25日、ワシントン(AP=共同)

 【ワシントン共同】ロシア疑惑の捜査結果公表から一夜明けた25日、トランプ米大統領や政権高官、共和党議員は疑惑を追及してきた民主党やメディアへの非難を強めた。「国家への反逆」などとして民主党有力議員に辞任を要求。共和党が多数派の上院で疑惑捜査の問題点を検証する方針を表明した。

 疑惑を巡り民主党から圧力を受けてきた政権と共和党は捜査でロシアとトランプ陣営の共謀が認定されなかったことで反転攻勢に出た。ニューヨークでトランプ支持者が祝賀集会を行うなど政権派は勢いづいている。

 トランプ氏は「多くの者がとても邪悪な行いをしてきた。国家への反逆だ」と民主党を非難した。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス