政治

秋田知事、地上イージスで配慮を 防衛副大臣に申し入れ

 会談の冒頭、原田憲治防衛副大臣(左)に要請書を手渡す秋田県の佐竹敬久知事。右は穂積志秋田市長=26日午後、防衛省

 地上配備型迎撃システム「イージス・アショア」の配備計画を巡り、秋田県の佐竹敬久知事は26日、防衛省で原田憲治防衛副大臣と会談し、計画を強引に進めないよう申し入れた。住民の間で配備への不安が根強いことを踏まえ「今までの装備品とは異なる。地元に最大限配慮してほしい」と丁寧な対応を求めた。

 原田氏は「配備に直結するような措置を地元の理解が得られないまま進めることは考えていない。安心安全につながる具体的措置をしっかり講じていきたい」と述べた。

 佐竹氏は周辺の安全対策が必要不可欠との認識を示した上で「(地元の)思いを受け止めてほしい」とも訴えた。


(共同通信)