国際

シリアが国連安保理会合要請 ゴラン高原主権問題

 【ニューヨーク共同】イスラエルがシリアから奪い占領しているゴラン高原を巡り、シリアはトランプ米大統領がイスラエルの主権を正式承認した問題について話し合う緊急会合の開催を国連安全保障理事会に要請した。安保理外交筋が26日明らかにした。近く開催されるとみられる。

 ゴラン高原のイスラエル主権を否定する国際社会を味方に付け、敵対する米国の孤立を鮮明にする狙いがある。米国は安保理常任理事国として拒否権を行使できるため、安保理が主権承認の違法性を指摘する決議を採択するのは事実上不可能だ。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス