政治

19年度予算が午後成立 過去最大の101兆円超

 参院予算委で2019年度予算案が可決し、一礼する安倍首相(手前左)ら=27日午後

 一般会計総額が101兆4571億円と過去最大の2019年度予算案は、27日午後の参院本会議で与党の賛成多数により可決、成立する。10月の消費税増税に備え、2兆280億円の景気対策費を計上した。当初予算段階で100兆円を超えたのは初めて。本会議に先立ち、参院予算委員会は、与党などの賛成多数で予算案を可決した。

 予算委の締めくくり質疑で安倍晋三首相は、景気認識について「中国経済の減速から一部に弱さも見られるが、内需の増加基調が続き景気は緩やかに回復している」と強調。「消費税を引き上げられる状況をつくり出していきたい」と述べた。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス