政治

九州新幹線、フル規格前提に議論 長崎ルートで与党検討委

 JR九州の青柳俊彦社長は27日、九州新幹線に関する与党検討委員会に出席し、未着工の長崎ルート新鳥栖―武雄温泉(佐賀県)をフル規格で早期に整備するよう要請した。委員から異論はなく、山本幸三委員長は会合後「フル規格を前提に議論していくことになるのではないか」と記者団に述べ、検討委としてフル規格を選択する可能性が高いとの認識を示した。

 与党はフル規格かミニ新幹線方式での建設を検討している。ただ佐賀県は多額の財政負担が生じることなどから難色を示しており、調整は難航するとみられる。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス