スポーツ

松山聖陵1―4大分 長尾が1失点完投

 松山聖陵戦に先発した大分・長尾=甲子園

 大分は長尾が8安打を許しながらも、要所を締めた。変化球を丁寧に低めに集めて打たせて取り、1失点完投。守備も無失策ともり立てた。打線は一回に中尾の適時二塁打で2点を先制。八回には、安藤の適時打で2点を加えた。

 松山聖陵は三回から登板した2番手の高松が粘り強く投げた。打線が的を絞りきれず、八回の1点にとどまった。


(共同通信)