政治

予算成立、与野党は選挙準備加速 参院選前の改憲発議見送り

 2019年度予算を可決、成立させた参院本会議=27日午後

 2019年度予算が27日、成立した。与野党は夏の参院選の準備を加速させ、対決色を強める。衆参両院で憲法論議が始まる見通しは立たず、自民党は今国会中の憲法改正案の発議を見送る。10月の消費税増税や米軍普天間飛行場移設問題を巡る論戦が続く。安倍晋三首相は6月に大阪で開く20カ国・地域(G20)首脳会合など首脳外交に注力。野党は「1強政治」やアベノミクスの是非を追及する。

 首相は予算成立後、「社会保障を全世代型へ大きく進める予算だ」と述べ、幼児教育・保育の無償化法案などの成立を図る方針を強調した。「地方創生をさらに強化していくための予算だ」ともアピールした。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス