国際

米軍トップ、華為に懸念 5Gの安全性「深刻」

 【ワシントン共同】米軍制服組トップのダンフォード統合参謀本部議長は26日、同盟国が中国通信機器大手の華為技術(ファーウェイ)と中興通訊(ZTE)の製品を採用することに懸念を表明した。ファーウェイなどが参入する第5世代(5G)移動通信システムを挙げ「(安全な通信への)脆弱性は深刻だ」と強調した。下院軍事委員会の公聴会で証言した。

 ダンフォード氏は「同盟の基本要素はインテリジェンス(情報)を共有する能力だ。これは根本的な安全保障の問題だ」と指摘。5G通信網に関し「中国の影響を考えれば、情報交換(の手段)を確保するのは非常に困難だ」とした。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス