経済

農水省、品種保護で種苗法改正へ 海外流出対策で検討会初会合

 農林水産省は27日、国内で開発された農産物の新品種の海外流出が問題になっていることを受けて、保護の強化策を議論する検討会の初会合を開いた。委員からは新品種の保護制度を改善するため種苗法の改正を検討すべきだとの意見が出た。農水省は議論を踏まえて法改正の作業に入る見通し。

 検討会は農業団体や品種育成者、大学教授らで構成。知的財産権に詳しい伊原友己弁護士は「品種育成者の権利の及ぶ範囲がぼやっとしている」と指摘し、訴訟を起こす妨げとなっている点を検証すべきだと訴えた。

 品種育成に携わる委員は、品種開発を促すには適切な対価が支払われる仕組みが重要だと強調した。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス