政治

41道府県議選、29日に告示 3千人出馬、無投票多発か

 統一地方選の41道府県議選と17政令市議選が29日に告示される。共同通信社の27日現在の集計で、道府県議選には3千人余りが出馬を準備する。立候補予定者が定数を上回っていない選挙区が多数あるため、無投票当選が多発する可能性がある。政令市議選には約1400人が立候補を予定。既に告示された11道府県知事選、6政令市長選とともに4月7日に投開票される。

 道府県議選は岩手、宮城、福島、茨城、東京、沖縄の6都県を除く41道府県で実施される。総定数は2277。競争率は1・34倍程度が見込まれる。1991年の1・41倍を最終的に下回り、過去最低を更新しそうだ。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス