スポーツ

W杯初優勝のエペ団体が帰国 エース見延「喜び実感」

 フェンシングW杯で優勝し、帰国した男子エペのメンバー=27日、成田空港

 ブエノスアイレスで行われたフェンシングのワールドカップ(W杯)で、エペの日本男女を通じて初めてW杯団体優勝を果たした男子メンバーが27日、成田空港に帰国し、エースの見延和靖は「喜びを実感している。夢じゃないんだな」と喜んだ。

 2月のW杯個人で初制覇した加納虹輝や山田優、宇山賢で臨んだ日本男子は、決勝で昨年の世界選手権覇者スイスに快勝する勢いがあった。約2週間前に個人戦のグランプリ大会でも初めて勝った31歳の見延は「みんなで勝ち取った金は重みを感じる。この自信を確実なものにしてチーム力を上げたい」と来年の東京五輪での活躍を誓った。


(共同通信)