経済

東証、3市場に再編を提案 役割明確化で利便性向上

 東京証券取引所は27日、株式市場を現在の4市場から3市場に再編するのが適当とする論点整理を公表した。各市場の役割を明確化し、投資家の利便性を高めるのが狙い。今後、公開の場で議論を重ねるなどし、具体的な制度設計を進めていく。

 東証には市場第1部、第2部、マザーズ、ジャスダックの4市場があり、違いがはっきりしないと問題視されていた。

 東証の案では、企業の成長段階や投資家層の違いを踏まえ、(1)海外を含めた幅広い投資家が着目する市場(2)一般的な投資家が参加する市場(3)高い成長可能性のある企業の市場―の三つに分け直すのが望ましいとしている。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • ご案内