スポーツ

右腕負傷の白鵬、春巡業参加へ 横綱土俵入り行える見込み

 大相撲春場所千秋楽(24日)に右上腕付近を痛めた横綱白鵬が春巡業(31日開始)に参加することが27日、所属する宮城野部屋関係者の話で分かった。横綱土俵入りは行える見込みだという。

 白鵬は3場所ぶり42度目の優勝を15戦全勝で決めた千秋楽の横綱鶴竜戦で負傷。25日の優勝一夜明け記者会見では「たぶん切れている」と患部の筋肉が断裂したとの見通しを述べた。関係者によると27日までに病院で検査。断裂はしているが、大胸筋付近は損傷していないという。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス