芸能・文化

将棋の藤井七段、勝率歴代3位 2018年度首位で終了

 将棋の第32期竜王戦ランキング戦4組準々決勝で、中田宏樹八段に勝利した藤井聡太七段=27日夜、東京都渋谷区の将棋会館

 将棋の藤井聡太七段(16)は27日、東京都渋谷区の将棋会館で指された第32期竜王戦ランキング戦4組準々決勝で中田宏樹八段(54)を破り、勝率1位の8割4分9厘(45勝8敗)で2018年度の対局を終えた。これは羽生善治九段(48)の8割3分6厘を抜き、歴代3位の記録となる。

 1位は1967年度、中原誠16世名人(71)の8割5分5厘(47勝8敗)。藤井七段は17年度、記録4部門(対局数、勝率、勝利数、連勝)の全てでトップになった。

 18年度の藤井七段は高校進学後も活躍し、5月に最年少で七段昇段。12月には最速で100勝を達成した。


(共同通信)