スポーツ

Bミュンヘンが仏DFを獲得 移籍金99億円、独最高額と報道

 W杯ロシア大会の1次リーグ、ペルー戦でプレーするフランスのリュカ・エルナンデス(右)=2018年6月

 【ベルリン共同】サッカーのドイツ1部リーグの強豪バイエルン・ミュンヘンは27日、スペイン1部のアトレチコ・マドリードからDFリュカ・エルナンデス(23)を獲得することで合意したと発表した。契約は2019年7月から5年間。移籍金は8千万ユーロ(約99億2千万円)で、専門誌キッカー(電子版)によるとドイツ史上最高額。

 エルナンデスは昨年のワールドカップ(W杯)ロシア大会でフランスの主力として優勝に貢献した。


(共同通信)