国際

完全非核化「可能性低い」 北朝鮮巡り米軍司令官

 【ワシントン共同】米インド太平洋軍のデービッドソン司令官は27日、北朝鮮が完全な非核化に応じる可能性は低いとの見解を示した上で「非核化達成まで北朝鮮は最も差し迫った脅威であり続ける」と強調した。下院軍事委員会の公聴会で述べた。

 米朝首脳再会談の決裂を受けた今後の交渉次第では北朝鮮が核・ミサイル実験を再開しかねないとの懸念も示した。

 非核化に関し、米情報機関と一致した見解とした上で「北朝鮮が核兵器と製造能力の全てを放棄する可能性は低い。米国や国際社会の譲歩と引き換えに、部分的な非核化について交渉しようとしている」と言及した。


(共同通信)