国際

ゴラン問題、安保理に限界 米に拒否権、非難決議なし

 【ニューヨーク共同】国連安全保障理事会は27日、米国がイスラエル占領地ゴラン高原のイスラエル主権を承認した問題を緊急会合で討議し、ゴラン高原を領有するシリアは米国の孤立を際立たせることに成功した。だが、常任理事国が持つ拒否権という「免罪符」に守られた米国に対しては、非難決議の採択が事実上不可能。安保理の限界が改めて露呈した。

 「ゴラン高原のイスラエル主権を認める米国の決定は安保理決議に違反している」(英国)、「一方的な行動は中東和平を模索する上で何の助けにもならない」(南アフリカ)。シリアの思惑通り、安保理理事国からは米国への批判や懸念が相次いだ。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス