経済

総合取引所、2020年度実現へ JPXと東商取、統合合意

 経営統合で基本合意し開かれた日本取引所グループと東京商品取引所による共同記者会見。左側中央は日本取引所グループの清田瞭CEO=28日午後、東京・日本橋兜町の東京証券取引所

 経営統合で基本合意した日本取引所グループ(JPX)と東京商品取引所は28日、東京都内で共同記者会見を開いた。JPXの清田瞭最高経営責任者(CEO)は、総合取引所の実現時期について「2020年度上期にできればという気持ちだ」と述べ、早期実施を目指す考えを示した。

 清田氏は「日本の商品先物市場が国際的に伸び悩んできたのは事実だ。(経営統合が)抜本的な解決策になり得るものと考えている」と述べ、商品先物市場の拡大に意欲を見せた。

 総合取引所は株式だけでなく、金や農産物などの商品先物まで幅広く扱い一元的な取引が可能となる。投資家の利便性が高まると期待されている。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス