国際

米、オバマケア廃止で対立再燃 トランプ大統領が執念、民主抵抗

 27日、米ホワイトハウスでのイベントで話すトランプ大統領(AP=共同)

 【ワシントン共同】トランプ米大統領は27日、オバマ前民主党政権が導入した医療保険制度(オバマケア)の廃止を改めて目指す考えを表明した。前回大統領選の主要公約だが一度失敗しており、強い執念を見せた。ロシア疑惑を乗り切ったとみて攻勢に出たが、民主党は激しく抵抗。来年の大統領選をにらみ、政策面で国民の関心が最も高い医療保険制度を巡り対立が再燃している。

 トランプ氏はホワイトハウスで記者団に「オバマケアは災難だ。保険料が高すぎる。機能していない」と批判し、廃止に取り組む姿勢をアピール。「共和党は偉大な医療保険の党になる。民主党は違う」と訴えた。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス