国際

タイ、親軍政政党が最多得票 下院第1党はタクシン派か

 【バンコク共同】タイの選挙管理委員会は28日、下院(定数500)総選挙の開票率100%の結果を発表した。親軍政の「国民国家の力党」がタクシン元首相派の「タイ貢献党」を抑え、最多得票した。小選挙区と比例代表を合わせた議席数は公表されていないが、上下両院の合計で最大勢力になる見通し。親軍政政党中心の連立政権誕生が極めて濃厚となった。

 タイメディアによると、下院第1党は小選挙区で最多勝利したタイ貢献党になるとみられる。

 選管によると、国民国家の力党は約843万票、タイ貢献党は約792万票を得票した。


(共同通信)