スポーツ

ロッテの藤原、1番で開幕戦先発 高校出の新人で大谷以来

 ロッテの藤原恭大外野手

 ロッテのドラフト1位ルーキー藤原恭大外野手が29日、ZOZOマリンスタジアムで行われた楽天との開幕戦に「1番・中堅」で先発出場した。

 高校出の新人野手が開幕戦に先発するのは米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平が日本ハム時代の2013年に「8番・右翼」で出場して以来で、2リーグ制となった1950年以降では14人目。1番打者としては飯田幸夫(近鉄)以来2人目。

 藤原は走攻守三拍子そろった外野手として大阪桐蔭高で甲子園大会に4度出場し、昨年の春夏連覇を含めて3度の優勝に貢献。オープン戦は14試合に出場して打率2割1分9厘、3打点だった。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス