国際

失速防止装置が誤作動か、米報道 エチオピアでのボーイング機墜落

 米フロリダ州の空港に駐機するボーイング737MAX8=14日(ゲッティ=共同)

 【ニューヨーク共同】ボーイング737MAX8のエチオピアでの墜落事故について、米紙ウォールストリート・ジャーナル電子版は、米政府の調査当局が、自動失速防止装置が墜落前に作動したとの暫定的な結論に達したと29日伝えた。昨年10月のインドネシアでの同型機墜落も含め、装置が誤作動したとの見方で一致しつつあるという。

 調査当局はエチオピアの墜落機から回収されたフライトレコーダー(飛行記録装置)などを分析。エチオピア当局が近く暫定報告を出す予定だという。

 同型機で初導入された自動失速防止装置は、機首が上がりすぎて失速するのを防ぐため、自動的に機首を下げるシステム。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス