国際

英下院、EU離脱案また否決 4月12日までに新方針

 採決が行われた英下院=29日、ロンドン(ロイター=共同)

 【ロンドン共同】英下院は29日、すでに2回大差で否決された欧州連合(EU)離脱合意案のうち、離脱条件を定めた主要部分の協定のみを対象にした採決を行い、賛成286票、反対344票の反対多数で否決した。英政府は4月12日までに新たな方針をEU側に示す必要に迫られる。離脱強硬派が激しく反発、2回の否決の原因となった協定の条項に対する根強い反対を覆せなかった。

 否決を受けた現実的な代替策は見えておらず、「合意なき離脱」などの可能性が改めて浮上、混迷が深まりそうだ。トゥスクEU大統領は、今後の方針を協議するためEU首脳会議を臨時招集することを決めたと明らかにした。


(共同通信)