くらし

警備犬のテロ対策訓練を初公開 愛知、ラグビーW杯など見据え

 愛知県警のテロ対策訓練で、火薬入りのかばんを捜索する警備犬=30日午前、愛知県豊田市の豊田スタジアム

 愛知県警は30日、今年秋に同県内で開催されるラグビーワールドカップ(W杯)や20カ国・地域(G20)外相会合を見据え、警備犬を使ったテロ対策訓練を豊田スタジアムで実施した。警備犬は昨年配備され、爆発物を捜索する様子などが報道陣に公開されるのは初めて。

 会場に爆破予告があったとの想定で、警備犬がハンドラーの指示で通路に並べられた荷物から火薬入りのかばんを見つけ出したり、拳銃を持った暴漢に飛びかかり制圧したりする手順を確認した。

 訓練に参加した警備犬3頭はいずれもジャーマンシェパードで、黒い毛並みにりりしい立ち姿が印象的な1~2歳の雄。


(共同通信)